スポンサーサイト

  • 2016.10.20 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ゆめにっきを再開しています。

    • 2016.10.20 Thursday
    • 11:58

    こんにちは!

    ご無沙汰をしています。

    前回の記事で書いたように、twitterではちょくちょく近況報告をしているのですが、

    現代詩手帖での連載詩や、読売新聞でのベストセラー本の紹介連載、毎月の朗読会など、

    忙しくも楽しく過ごしています。

    今はとにかく修士論文がまずいな、というところ…笑。

    修論が終わったら、実は、いま児童文学…というか物語を書いてみたいと思っていることを、ここで告白しておきます。

     

    今週末には神田で画家のTOJUさんの個展のトークイベントに呼んで頂いています。

    また月末には、80年代現代詩を振り返るイベントと、宮沢賢治歌曲を歌いさらには天沢退二郎さんとトークをするイベントもあります。

    詳しくはtwitter(https://twitter.com/kumari_kko)で告知していますので、ぜひいらしてください!

     

     

    それから、こっちのブログは相変わらず更新休止中のままになりそうですが、

    ゆめにっきを再開します。

    「あけがた、ゆめにっき」

    http://akegatami.jugem.jp/

     

    日常のことを語るのはあまり得意じゃないんだけど、そのかわり、その日常でどうやら大切だったらしいことだけ、

    お見せするのもいいかなと思って、再開します。

     

    ではまた!

    *更新休止中のお知らせ*

    • 2015.11.18 Wednesday
    • 22:32
    ご無沙汰をしています、暁方ミセイです。
    最近ちょっとネットを離れ気味で、このブログも更新をしばらくお休みさせてください。
    新作の発表媒体の情報や、朗読、講演、掲載情報に関しては、
    余裕ができるまで、ひとまずtwitterのみで発信していくつもりです。
    以下がアドレスです!

    https://twitter.com/kumari_kko

    こちらのブログも、毎日けして少なくない数の方が覗きに来てくださっているようで、
    それなのに申し訳ありません。
    今ね、大学院に通っています。
    詩人として、これまでよりもっと骨太の書き手になろうと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします!

    暁方ミセイ 拝

    忘備録2月 チベット旅行記の連載、文學界に詩

    • 2015.02.28 Saturday
    • 13:38


    ▼『現代詩手帖』2015年2月号から、新連載・チベット旅行記「チベットの風とターラの涙」を開始しました
    第一回「タンラ山脈と天空の列車」は、青蔵鉄道に乗ったところまで。
    当初は全三回の予定が、五回もらえそうです!

    ▼『文學界』2月号・巻頭表現のコーナーに、詩「観音崎公園」を書き下ろしました
    高橋恭司さんの写真とのコラボレーション作品です。
    すごく好きな写真家だったので、もう思い残すことなどない…というのは、嘘だけど。笑
    高橋さんの写真は、かっこいいのにかっこつけていないの。全然。
    わたしもこんな風に詩を書いていきたいと、本当に思う。



    ▼『もーあしび』30号刊行記念号に、詩「地点と肉体」を書きました
    すごく豪華なメンツ。鈴木志郎康さんや渡邊十絲子さんの詩を、さすがだなあと思いながら読みました。
    凝り固まっていないのに、信頼できる完成度。
    なんだか焦りもするけれど、こういう詩人になっていきたいね。いつまでも若さだけじゃなく。

    その他
    ・鎌倉近代美術館で、「幻想の系譜」展など見ました
    ・実は受験生なので、京都へ行ったついでに北野天満宮を詣でる

    うし!

    忘備録1月 ワタリウム美術館でトークイベント、新しい詩や書評

    • 2015.01.31 Saturday
    • 13:19


    ▼『現代詩手帖』新年号に、詩「呼吸をする者」を書きました

    ▼同誌に、和田まさ子さん『なりたいわたし』の書評「シロクマに頭をかじられる」を寄稿しました

    ▼『季刊びーぐる』26号に、詩「鶏舎と十二月」を書きました
    クリスマスとインフルエンザで鶏がたくさん死ぬじゃん、十二月は鶏舎のことよく考える。

    ▼1月20日付の読売新聞、「本のソムリエ」コーナーに、記事を書いています
    アリス・マンロー、好きなんだ。

    ▼1月17日、ワタリウム美術館内・オンサンデーズにて、『詩の旅・旅の詩』トークリーディング&オープンマイクに出演しました
    城戸朱理さん、和合亮一さん、石田瑞穂さん、遠藤朋之さん、文月悠光さんとのトークイベントでした。
    エッジの、白石かずこさん回のVTRを見た後でトークをしたのだけど、
    やっぱいいよね。いい詩って、詩を書きたい気持ちにさせる力を持っている。
    詩を書きたくなるかが、よい作品の、一つの指標である気がします。

    ▼山口市の広報誌「any」に、コメントを少々。

    その他
    ・平積みだった!

    ・銀座線がいい感じ

     

    忘備録12月 終わった連載と始まった連載

    • 2014.12.31 Wednesday
    • 12:27

    ▼左右社web siteで、連詩「地形と気象」の連載が開始しました!

    http://sayusha.com/webcontents/c11
    管啓次郎さん、石田瑞穂さん、大崎清夏さんと、連詩企画が開始しました。
    すばらしいのは、
    一週間後に詩が英訳されること!
    ジェフリー・ジョンソンさんが英訳を担当してくださいます。
    いつか欧米でも朗読をしてみたいなあ。


    ▼日経新聞連載エッセイ「プロムナード」タイトルログ
    12月6日  おしゃれして武装する
    12月13日 母の助言
    12月20日 夢に叱咤
    12月27日(最終回)冬の殺意

    半年間の連載エッセイが終了しました。
    こんなに、友達に話すようにものを書いたのは初めてかもしれなかった。
    毎回たくさんの感想や、応援のメッセージを頂いて、楽しい時間だったなあ。
    エッセイを書くのは楽しい。
    書いているととても自由になれる気がします。何書いたっていいんだもん。
    わたしの書いたもので、笑ってくださったみなさま。どうもありがとうございました!
    またもし機会があれば、書きたい。


    ・『現代詩手帖』年鑑号の、今年の収穫アンケートを回答しました。わたしは、今年の5冊に杉本真維子『裾花』、杉本徹『ルウ、ルウ』、須永紀子『森の明るみ』、紺野とも『かわいくて』、渡辺めぐみ『ルオーのキリストの涙まで』をあげました。和田まさ子さんや一方井亜稀さんの詩集もよかったなあ。
    ・『ミセス』1月号で、堀江敏幸さんが『ブルーサンダー』を紹介してくださっていた。励みになるなあ。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM